• 公式とはかけ離れてるかもしれないゆるいまとめ もうそうがひろがる 日本神話マジこじつけし放題
  • 小説等のネタバレには考慮しません
  • 主にWikipediaからの要点抜粋です。
  • ネットから出ずに調べた。論文の本文などは読んでいない
  • アニメ公式サイト「K」オフィシャルサイト
  • アニメ特有の用語とかはKW@K-wikiで調べるとわかるかも!
  • たぶん古事記表記寄り。
  • 手元にある書籍は角川ソフィア文庫新訂古事記

学園島

伊佐那社【いさな やしろ】

主人公っぽおい
イザナギ
日本の国を生んだ夫婦神男性
イザナミ
日本の国を産んだ夫婦神女性
勇魚(いさな)
神格化された大きな魚。主にクジラ。漁業の神。恵比寿神と同一視。海の外からやってきたものとして蛭子神と同一視される。あるいは事代主(ことしろぬし)神と同一視される。恵比須神は大黒天の弟とされる。
蛭子(ひるこ)
イザナギとイザナミが最初に産んだ子。不具の子であり葦の船で流した。イザナギとイザナミの子の中には数えない。

夜刀神狗朗【やとがみ くろう】

先代無色の王の遺臣
夜刀神
蛇神。見たものを一族郎党滅ぼす力を持つ。平定すべき自然の神格化。

三輪一言 【みわ いちげん】

先代無色の王
三輪明神=大物主=オオクニヌシ
ニニギに国を譲ったほう。蛇神。黒蛇として顕現した例もある。大神神社(おおみわじんじゃ)の御神体は三輪山。大黒天と同一視される。
一言主(ひとことぬし)
一言の願いであれば何でも聞き入れてくれる神。天皇と会っていたときは狩りをしていた。賀茂氏に祀られていた。名前の音から事代主神と同一視されることもある。事代主神=恵比寿神と同一視されることもある。

ネコ

吾輩はー、……ネコである!
根子
尊称
太田田根子?(古事記表記:意富多多泥古)(おおたたねこ)
大神神社(おおみわじんじゃ)の最初の祭祀者。三輪氏の祖。ただ、「根子」は天皇の記紀編纂当時の尊称の一部という説があり、ほかにも複数天皇の真名に登場しているためストーリーがつながるというだけの根拠で断言するには薄弱。

雪染菊理【ゆきぞめ くくり】

シロを気遣うクラスメイトで生徒会役員
菊理媛(くくりひめ)
黄泉比良坂でイザナギとイザナミの仲を取り持った神。縁結びの神。

因幡澄香【いなば すみか】

ククリのクラスメイト。ネコに大福をくれる。
因幡の白兎
オオクニヌシに助けられたウサギ。

三科草太【みしな そうた】

動画マニアのクラスメイト。ククリに公開告白決行。

日向千穂【ひゅうが ちほ】

生徒会会長
日向 高千穂
ニニギが天孫降臨をした場所が日向の国高千穂である。農業神。神武天皇の曽祖父。

浅間桜【あさま さくら】

生徒会役員
コノハナサクヤ
ニニギの嫁。オオヤマツミの娘。イザナギの孫。海彦山彦の母。火の神。火中出産した激しい人。浅間神社は富士山が御神体。

吠舞羅

周防尊【すおう みこと】

現赤の王
スサノオ
アマテラスの弟。高天原を追い出されて出雲に行く。

櫛名アンナ【くしな あんな】

吠舞羅クランズマン。ビー玉を操るストレイン。
クシナダヒメ
出雲でスサノオに見初められ、いけにえになるはずだったヤマタノオロチをスサノオが退治に行くことになる。

十束多々良【とつか たたら】

殺された吠舞羅クランズマン
十束剣(とつかのつるぎ)
固有名詞ではなく拳十個分の長さの剣という意味で、天之尾羽張剣(あめのおはばりのつるぎ)などさまざまな場面で活躍する。銘はないがイザナギが黄泉比良坂でも使用。天羽々斬剣(あめのはばきりのつるぎ)はスサノオがヤマタノオロチ退治に使用し、オロチの体内で草薙剣に当たり欠けが生じた。
多々良
踏鞴製鉄

草薙出雲【くさなぎ いずも】

吠舞羅No.2。BAR「HOMURA」のバーテンダー。
草薙剣
三種の神器の一。スサノオが出雲で倒したヤマタノオロチの尾から出てきた太刀。スサノオからアマテラスに奉納され、天孫降臨の際ニニギに託されている。
出雲
神有月の地。

八田美咲【やた みさき】

吠舞羅クランズマン切り込み隊長
八咫烏(やたがらす)
三本足の大きなカラス。太陽の化身。神武東征の際神皇産霊神(かみむすびのかみ)に遣わされ神武天皇の道案内をした。
八咫鏡(やたのかがみ)
三種の神器の一。天岩戸でアマテラスを引き出すために作られた。咫は長さの単位で親指と人差し指を広げた長さ。約18cm。
ミサキ神
前触れを告げるもの。ヤタガラスや稲荷神における狐など。時に憑き物。(七人みさきなど)

鎌本力夫【かまもと りきお】

吠舞羅クランズマンデブ。八田の舎弟
天手力男神(あめのたぢからおのかみ)
天岩戸で戸を力いっぱい引きあけた神。天孫降臨の際三種の神器に添えて贈られた。

赤城翔平【あかぎ しょうへい】

吠舞羅クランズマンA
赤城神社
赤城山を御神体とする

坂東三郎太【ばんどう さぶろうた】

吠舞羅クランズマンB
坂東
関東地方

千歳洋【ちとせ よう】

吠舞羅クランズマンC
千歳
汎用めでたい言葉

出羽将臣【でわ まさおみ】

吠舞羅クランズマンD
出羽
東北地方

エリック・スルト【えりっく・すると】

吠舞羅クランズマンE
スルト
北欧神話に登場する炎の巨人。意味は「黒の人」

藤島幸助

吠舞羅クランズマンF

迦具土玄示【かぐつ げんじ】

先代赤の王(SIDE:BLUE)
カグツチ
イザナミが生んだ火の神。この出産が原因でイザナミが黄泉の国へ。

セプター4

宗像礼司【むなかた れいし】

現青の王
宗像神
アマテラスとスサノオの誓約において生まれた三女神。海の神。航海の神。三柱のうちの一柱、市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)は弁才天と同一視されることもある。音の類似から、建御名方神が宗像神と関連するという説もある。
建御名方神(たけみなかたのかみ)
オオクニヌシの子。軍神。諏訪大社に鎮座。国譲りで建御雷に負けた。

淡島世理【あわしま せり】

セプター4副長
淡島神(あわしまのかみ)
少彦名神(すくなびこなのかみ):神皇産霊神(かみむすびのかみ)の子。オオクニヌシと国造りを行った。酒造の神の面も持つ。
蛭子とともに子の数には数えられないイザナギとイザナミの第二子。とも?
須勢理毘売(すせりひめ)
スサノオの娘で、オオクニヌシの妻。後妻だがスサノオの命により本妻になった。結構嫉妬深い。出雲大社の摂社・大神大后神社などに祀られている。
火須勢理命
ニニギとコノハナサクヤの火中出産で生まれた三神の第二子。海幸彦と山幸彦の間で目立たない月夜見的役割。盛んに燃え立つときに生まれた。「すせり」は進むという意味で、稲穂が成熟するという意味。

伏見猿比古【ふしみ さるひこ】

元吠舞羅クランズマンのセプター4
伏見
稲荷神。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)は豊穣神。スサノオの娘。伏見稲荷の配神には佐田彦大神も含まれる。
猿田彦
天孫降臨の際ニニギを先導した神。おそらくアメノウズメといい関係。

秋山氷杜【あきやま ひもり】

特務隊抜刀要員A
秋山之下氷壮夫(あきやまのしたびをとこ)
霜の神格化。

弁財酉次郎【べんざい ゆうじろう】

特務隊抜刀要員B
弁才天
恵比寿と共に七福神の一。

加茂劉芳【かも りゅうほう】

特務隊抜刀要員C?
加茂
チャマオ?

道明寺アンディ【どうみょうじ あんでぃ】

特務隊抜刀要員D
道明寺天満宮
祭神は菅原道真公、天穂日命(あめほのひのみこと)、覚寿尼公

榎本竜哉【えのもと たつや】

メガネロンゲオタク特務隊員(SIDE:BLUE)
榎本神
土地交換説話を持つ。現在の榎本神社の祭神は猿田彦大神

布施大輝【ふせ だいき】

外ハネ特務隊員(SIDE:BLUE)

五島蓮【ごとう れん】

ロンゲ特務隊員(SIDE:BLUE)
五島
国産みにおいてイザナギとイザナミによって生み出された「知訶島」

日高暁【ひだか あきら】

活発な特務隊員(SIDE:BLUE)
日高
シャクシャインの戦いの舞台

石塚

撃剣機動課隊員(SIDE:BLUE)

陣内

撃剣機動課隊員(SIDE:BLUE)

楠原剛【くすはら たける】

不器用な撃剣機動課隊員(SIDE:BLUE)
クスノキ
鎮守の森などに多く、たびたび御神木にもなる。

善条剛毅【ぜんじょう ごうき】

隻腕の剣鬼(SIDE:BLUE)
善条
養老律令考課令の一。

羽張迅【はばり じん】

先代青の王(SIDE:BLUE)
天之尾羽張(あめのおはばり)
十束剣の一。イザナギがカグツチを切った剣。

etc

國常路大覚 【こくじょうじ だいかく】

現黄金の王
国之常立神
神世七代の一。根源神。

ツクモ99式

あるべきでないものを排除するお掃除ロボット
付喪神
長い間存在したものに精神が宿ったもの