バッカーノとは


成田良悟著、イラストエナミカツミ
2003年、第9回電撃ゲーム小説大賞受賞作のシリーズ。
現在、電撃文庫より15冊刊行中。

その名の通り、「大騒ぎ」。(イタリア語らしいですよ)
人はわりと死ぬけれど、悲壮感はまるでなし。
愛すべきバカであふれている小説。
映画的展開と秀逸な場面構築で、管理人はいつもだまされています。(←単純すぎ?)


舞台は禁酒法時代のアメリカ。(今のところ禁酒法がなくなっても続いています)
NYのカモッラ(マフィア・ヌドランゲタと共にイタリア三大犯罪組織)を主な舞台として「不死の酒」をめぐる螺旋を描いた受賞作、
一部一作目の登場人物が登場しつつ、たまたま同じ大陸横断特急列車を狙った三組の悪党による列車強盗の顛末を、異なる視点の二分冊に仕上げた二作目、
麻薬と情報屋とマフィアの間に起こった事件をドミノ倒しにからめて書いた三作目、
2001年の錬金術師たちを描いた異色作の4作目、
今までの登場人物総登場の上まだまだ人物(人外含む)が増え、ますます大騒ぎの上下巻の5作目、
人知れずアルカトラズで起こった騒動とシカゴで起こった連続爆破は一つの事件だった! 6作目、
どれもピカレスクな感じで楽しく読めます。(誤字・構文間違いを黙認できる方限定)

またヤスダスズヒトがイラストを担当する「越佐大橋シリーズ」「デュラララ!!」「世界の中心、針山さん」は日本が舞台。
越佐大橋シリーズは近未来の時代に忘れられた人工島が舞台でしたが、「デュラララ!!」は現代池袋の高校生が主人公、短編連作で所沢が舞台となる「世界の中心、針山さん」は数奇な出来事の端々にいる一般人が針山さん。史上初のダブルイラストレーター搭載になってます。
吸血鬼子爵が主人公の「ヴぁんぷ!」はドイツの小島が舞台。こいつも一筋縄ではいかない人物もしくは妖怪が、つまっております。

いろんな話があるけれど、どれもテンション高くてぶっ放せます。(何を?)
ストレス解消にお一ついかがですか。

成田良悟作品リスト (リンクは「えせれびゅ」へ)


バッカーノ! シリーズ  イラスト:エナミカツミ
バッカーノ! The Rolling Bootlegs(2003年2月10日発売)
バッカーノ! 1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad(2003年8月10日発売)
バッカーノ! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad(2003年9月10日発売)
バッカーノ! 1932 Drug&The Dominos(2003年10月10日発売)
バッカーノ! 2001 Children Of Bottle(2004年2月10日発売)
バッカーノ! 1933<上> the Slash 〜クモリノチアメ〜(2004年9月10日発売)
バッカーノ! 1933<下> THE SLASH〜チノアメハ、ハレ〜(2004年11月10日発売)
バッカーノ! 1934 獄中編 Alice In Jails(2006年10月10日発売)
バッカーノ! 1934 娑婆編 Alice In Jails(2006年12月10日発売)
バッカーノ! 1934 完結編 Peter Pan In Chains(2007年4月10日発売)
バッカーノ! 1705 The Ironic Light Orchestra(2007年7月10日発売)
バッカーノ! 2002 A side(2007年10月10日発売)
バッカーノ! 2002 B side(2007年11月10日発売)
バッカーノ! 1931臨時急行編 Another Junk Railroad(2009年01月10日発売)
バッカーノ! 1710 Crack Frag
越佐大橋シリーズ イラスト:ヤスダスズヒト
バウワウ! Two Dog Night(2003年12月10日発売)
Mew Mew! Crazy Cat's Night(2004年7月10日発売)
がるぐる! Dancing Beast Night<上>(2005年12月10日発売)
がるぐる! Dancing Beast Night<下>(2006年5月10日発売)
5656!(2008年11月10日発売)
デュラシリーズ イラスト:ヤスダスズヒト
デュラララ!!(2004年4月10日発売)
デュラララ!!×2(2005年3月10日発売)
デュラララ!!×3(2006年8月10日発売)
デュラララ!!×4(2008年03月10日発売)
デュラララ!!×5(2009年09月10日発売)
デュラララ!!×6(2009年07月10日発売)
デュラララ!!×7(2010年01月10日発売)
デュラララ!!×8(2010年06月10日発売)
ヴぁんぷ! シリーズ イラスト:エナミカツミ
ヴぁんぷ!(2004年5月10日発売)
ヴぁんぷ!II(2004年6月10日発売)
ヴぁんぷ!III(2005年8月10日発売)
ヴぁんぷ!IV(2008年08月10日発売)
世界の中心、針山さんシリーズ イラスト:ヤスダスズヒト・エナミカツミ
世界の中心、針山さん(2005年10月10日発売)
世界の中心、針山さん(2)(2007年02月10日発売)
世界の中心、針山さん(3)(2009年10月10日発売)
電撃コラボレーション
まい・いまじね〜しょん「クランクはいつもアップアップ」 イラスト:西E田(2008年08月10日発売)(初出:電撃hp vol.38)
MW号の悲劇「蟻塚と500人の海賊」 イラスト:エナミカツミ(2008年09月10日発売)(初出:電撃hp vol.30 2004年6月18日発売)
最後の鐘が鳴るとき「卆業式〜マヨイガハレルヒ〜」 イラスト:片瀬優(2008年10月10日発売)(初出:電撃hpSPECIAL 2005 SPRING)
文庫未収録短編
電撃hp vol.32 「Who wrote it?」
オフィシャル海賊本「電撃h「電撃p」「h」には『デュラんぷ!!』イラスト:ヤスダスズヒト、「p」には『ヴぁララ!!!』イラスト:エナミカツミを掲載。
オフィシャル海賊本「電撃hPa」『迷迷(め〜め〜)!』イラスト:ヤスダスズヒト 今度は越佐大橋シリーズのノベルゲーム!
オフィシャル海賊本「電撃BUNKOYOMI」イラストパロディ『デュラララ!&越佐大橋シリーズ』『バッカーノ!&ヴぁんぷ!』
オフィシャル海賊本「電撃Aprilfool」バッカーノ! デュラララ!!
オフィシャル海賊本「電撃h&p」バッカーノ!B.C.300〜Notorious B・E・Ginning〜 デュラララ!!×0 さよなら、帝人先輩
オフィシャル海賊本「電撃“にせ”ん!!」デュフフフ!!
その他
バッカーノ!&デュラララ!! 仮想劇場予告 (CDドラマ「撲殺天使ドクロちゃん」ボーナストラック)
集え!おかゆの仲間たち!ドクロちゃん短編ノベルその3 (アニメDVD「撲殺天使ドクロちゃん 第3巻」に封入)
撲殺天使ドクロちゃんです。 成田良悟の場合
「バッカーノ!」ドラマCD
書き下ろし中編小説、リバーシブルジャケット、バウワウ!&ヴぁんぷ!の予告ドラマ、特製トランプ付き
アニメ
バッカーノ!アニメ公式サイト
DVD初回特典書き下ろし小説:バッカーノ! 193X-A man in the killer バッカーノ! 193X-B The Time Of the Oasis
デュラララ!!公式サイト
DVD完全生産限定版特典書き下ろし小説:みんなはなかよし1月〜
DVD完全生産限定版特典カバーソングコレクションCD
紀田正臣:リンダリンダ 平和島静雄:津軽海峡冬景色 竜ヶ峰帝人:学園天国 門田京平:ツッパリHighschool Rock'n roll 園原杏里:時をかける少女
DVD完全生産限定版特典ドラマCD「八面六臂」「未来永劫」
DVD完全生産限定版特典 オリジナルサウンドトラックCD Psychedelic Dreams Vol.1
バッカーノ!Blu-rayBox (2011年01月26日発売)
サントラ
BACCANO! ORIGINAL SOUNDTRACK SPIRAL MELODIES(吉森信)
ドラマCD
フィーロ・プロシェンツォ、ピエトロ・ゴンザレスの五十三回目の死を目撃す(2007年10月24日発売)
WEBラジオ・DJCD
デュララジ!出張版
デュラララ!!ラジオ 略してデュララジ!!
デュララジ掲示板 観察日記 1枚目〜3枚目
デュララジ掲示板 観察日記 再うp
コミック
バッカーノ!(電撃コミックgao!連載 作画:吟遊詩人 全2冊)
デュラララ!!(Gファンタジー5月号(4月18日発売)より連載中 作画:茶鳥木明代)
デュラララ!! アンソロジーコミック「デュララブ!!」
ゲーム
DS電撃文庫ADV バッカーノ! 初回特典:成田良悟氏書き下ろしゲームブック (2008年02月28日)
PSPデュラララ!!3wey standoff(2010年09月22日発売)
予約特典:ちび静雄マスコット 初回封入特典:特典映像UMD、デュラ柄!!ポーチ、ちび臨也マスコット アニメイト特典:静雄&臨也パンチバッグ

Cinematgrafo内成田良悟コンテンツ